【ネタバレあり】舞台『ザンビ』をレビュー!!【ストーリーの全容と感想編】

レビューを見る
セイ
こんにちは、セイ(@say_geek)です。

前回、坂道合同舞台『ザンビ』のネタバレ無しレビュー記事を書きました。

ネタバレ無しとは言え、当日の様子やメンバーの演技を辛口で評価するなど濃い内容になってます笑。

ザンビ1のアイキャッチ

舞台『ザンビ』感想!!【当日の様子やメンバーの演技を辛口レビュー】

2018年11月27日

 

今回はネタバレあり!ということで、物語の全容や舞台版ストーリーの感想を書いていきます。

これからドラマもスタートするので、舞台を見た方は振り返りとして、舞台を見逃して気になる方も是非ご覧ください!

 

>>【Hulu】ドラマ版ザンビ先行配信中!詳細はこちら

 

 

スポンサーリンク

ストーリーネタバレ

 

それぞれの配役と役名はこちら

ザンビのteamREDザンビのteamBLUE

ザンビプロジェクト公式HPより引用

 

ストーリーの全容

ストーリーについて、覚えてる範囲でザーッと書いていきます。途中からの記憶が超絶曖昧なので、間違いを見つけた方はコメントください!

舞台版ストーリー

 

(冒頭)齋藤飛鳥演じる山室楓がザンビ化した女子高生から逃げ惑う映像でスタート。山室が通う高校でザンビが発生。自分一人だけが生き残ってしまうというナレーション。

 

−舞台に切り替わる−

 

与田久保演じる鳴沢摩耶・山下梅澤演じる一ノ瀬杏奈・土生菅井演じる桂雪穂・小林守屋演じる一色彩菜が同じ収容所に連れられる。その収容所はもともと雪穂と彩菜の出身高だった。(山室楓も同じ高校の制服だったが、舞台上では特に言及は無かった/摩耶と杏奈は、雪穂と杏奈の二人とは別の高校の出身でフェンシング部に属していた)

収容所に着いたも束の間、「ザンビに感染せず7日間生き残れば、別の安全な場所に輸送される」と謎の看守に通告される。それ以外は何も答えてくれない。

連れられた収容所では桂・一色の知る温厚な先生が統括者として管理しており、女医が収容者の手当てにあたっていた。またその収容所には二人の後輩でもある齊藤柿崎演じる本宮佳蓮・小坂加藤演じる飯野ゆかりもいた。

 

4人は戸惑いながらも自らが置かれた立場を受け入れていく。しかし収容所の生活は過酷なものだった。

高校の生徒以外に一般人も混ざっている収容所。互いに協力して生活しなければない。食料の供給も少ない収容所では、食料を盗み出そうとする者も現れる。温厚だった先生も手を上げるほど人格が変わっているようだった。

 

杏奈は誰に対しても異常にビクビク怯えた様子で、心を開けずにいた。そんな杏奈に対して摩耶は守るように振舞う。いつかの2人は一緒に海に行く約束をしていた。摩耶と杏奈は強い絆で結ばれた「友達」だったのだ。

ある時、雪穂と彩菜が摩耶に対して杏奈は過去に何かあったのか聞いた。そこで返ってきた答えは、「杏奈の姉はザンビに襲われ、暴れまわっているところを警察に一斉射撃された。ショックで気を失い、その時の記憶が一部無くなってしまった」とのことだった。それ以来杏奈は常に怯えて過ごすようになったと言う。

 

ちょうどその頃、隣町の収容所にザンビが現れたと知らされる。隣町の収容所は距離があり、まだ自分たちの収容所は大丈夫というみんなの認識の中、一人の少女が収容所内で人知れず誰かに襲われ姿を消した。。

グループに別れて少女を探すことになったメンバー達。杏奈・雪穂・ゆかり組では、突然杏奈が行方不明になる。ひとりぼっちになってしまった杏奈は、ザンビと出くわしてしまった。なんとか振り切って逃げたものの、道端で女性の髪の毛を拾う。その髪の毛は姿を消した少女のもので、吊らされている少女の死体が発見された。

 

夜が明けると、看守たちによる感染チェックが行われた。ザンビの感染確認は医学的には証明されていないものの、「鏡に写った際に歪んで見えたら既に感染している」と看守たちは主張する。強引にチェックは行われたが、その場では全員クリアしたのだった。

 

摩耶・杏奈・雪穂・彩菜の4人は我慢の限界に達し、収容所からの脱出を試みる。雪穂と彩菜は、海まで行けば船で出航できると摩耶と杏奈に説得した。2人は収容所に来るまでの道のりを記憶していたのだ。しかしその夜、また新たな被害者が出る。同じ収容所内にいた男性だった。

すでに自分たちの仲間ですら信じれなくなっていた収容者たち。摩耶・杏奈・雪穂・彩菜が来てからこの収容所はおかしくなったと統括者の先生や女医、後輩の佳蓮・ゆかりまで言い出す事態に。脱出の計画もバレて、ついには4人揃って監禁されることになった。しかし監禁してる間にもザンビが出現し、4人の潔白が証明される。

 

と、ここまで詳しく書いてきましたが、この先の記憶が曖昧で、、。

既に流れが前後してるかも知れません。超絶ダイジェストなってますがご容赦ください。

 

佳蓮の様子が急変し、ザンビに感染していたことが発覚。杏奈を襲うとするザンビ佳蓮に対して、摩耶がフェンシングの剣で急所を突く。しかしこのとき杏奈の記憶が蘇る。杏奈の姉の最期は、摩耶が殺したのだった。

ザンビ化した以上仕方なかったと弁明する摩耶に対して不信が募る杏奈。揺るぎない絆に暗雲が立ち込める。

 

なぜ佳蓮はザンビに感染していたのに人間の姿だったのか?摩耶は日に日にザンビが進化していると説く。人間と同じように生き延びるために。もう誰がザンビに感染しているか分からない。ここは危険だから逃げようと訴える。

しかし、動き出した流れは止められない。ゆかり、彩菜、雪穂も次々にザンビに襲われていく。管理者の先生もやけくそになり、女医や仲間に向かって発砲する始末。遂にはザンビに追い詰められ、自ら命を絶ってしてしまった。

 

ザンビから逃げ惑う摩耶と杏奈。摩耶は次々に襲ってくるザンビをフェンシングの剣で振り払い、自分たちの部屋に辿り着く。絶望に包まれる中、この状況を作り出した黒幕が姿を現す。

収容所内で感染を広めた黒幕は、なんと女医だったのだ。

 

少女の頃に両親に売られ、大人たちの遊び道具にされた彼女。そんな彼女を見て、周囲の大人たちは助けるどころか蔑んだ。人間に対する深い憎しみが募った結果、人間への復讐、人間を恐怖に陥れるため自らザンビに感染したのだ。医者になったのも患者をいいように弄ぶためだった。

最初に殺された少女や男性も女医の手によって殺されていたのである。全ての真実を知った摩耶は女医と戦い、最後の力を振り絞りなんとか倒すことに成功する。しかし、戦い続けた体はもう使い物にならない状態になっていた。

 

駆けつけた杏奈は、自分のために戦ってくれた摩耶と共に逃げようとする。摩耶は「自分は後で追いつくから」と言い、杏奈を先に逃がそうとする。悩む杏奈に対して「走れ!!」と叫ぶ摩耶。終始一貫として自分を助けようとする摩耶の姿を見て、杏奈は逃げることを決心する。

杏奈が逃げた直後に遠くから無線の声が聞こえる。「エリア一帯を爆撃する」ー。爆撃までのカウントダウンが始まり、腹を括る摩耶。最後に思い出すのは、杏奈との海に行く約束だった。

 

場面変わり、摩耶と杏奈が海で歌っている。2人は生き延びたのか、はたまた死後の世界か。綺麗な声が響き渡り、摩耶の涙が映し出される中、舞台は幕を閉じた。

 

感想

頑張って書いてみましたがいかがでしたか?

ぼくは物語の全体的に人間の弱さ、醜さみたいなものを感じました。

ザンビに襲われる以前に、自分たちの裏切りや憎しみがここまでの被害に発展させたと言っても過言ではありません。

 

印象的だったのが、4人を監禁することに決めるシーン。

雪穂と彩菜に対してこれまでニコニコ接していた佳蓮とゆかりは「一つ年が違うだけでどんだけ偉いんだよ」「私たちは友達じゃなくてただの後輩」といったセリフを吐き捨てます。

対して摩耶と杏奈は紛れもなく友達であり、二人の間には絆がありました。ザンビ化した杏奈の姉を殺してしまった摩耶。間違った選択では無いものの、杏奈としては理解し難い出来事でした。

摩耶は杏奈に恨まれることを承知の上で、それでも杏奈を守るために最後まで自分の命を賭けて戦ったのです。最終的に摩耶の想いが杏奈に伝わり、杏奈は一人で逃げる選択をしました。

 

生きるために逃げるのは当たり前?違います。最後のシーン、杏奈は様々な葛藤があったと思います

自分のために命を賭けて戦ってくれた友達を置いていくなんて出来ない。自分だけ助かるくらいならいっそ一緒に死のう。そんな考えが頭をよぎったはず。それでも逃げる選択が出来たのは、摩耶との絆が本物だったから。

摩耶の魂の叫びのような「走れ!!」。その言葉に込められた想い受け止め、泣きながらも取り走り出す杏奈。このシーンには二人の強い絆が示されていましたね。

 

 

ぼく、前回の記事には

セイ
正直怖くなく、内容も微妙。。

と言ってました。

全体的に観たら疑問も多く残るし、感情移入する瞬間が少ないんですよね。いきなり摩耶が探偵ぶったりするし笑。

もう少しザンビについて設定が作り込まれているか、情報が出れば面白みを感じたのかもしれませんが、舞台で重視していたのはそこじゃ無いんですよねきっと。

その辺はドラマ版に期待しましょう。

 

舞台版『ザンビ』の総評としては、

「ザンビとは何なのか?」という疑問が強過ぎて(前半にも問うくだりがあったので)、完全に見方を間違えた感が否めません笑。

ただ、改めて最後の摩耶と杏奈のシーンを想い出すとグッとくるものがありました。人は簡単に裏切れるからこそ、どんなことがあっても無くならない絆・友情を大切にしたいと思わされる作品でした。

もう一回見たい。。笑

 

終わりに

前述してますが、ザンビプロジェクトは第2弾としてドラマ化も決定しています。※2019年1/24(木)放送開始

それでは!

>>【Hulu】ドラマ版ザンビを見るなら

 

 

【2019年5月更新】坂道ファンにおすすめの動画見放題サービスを教えます【必見】

2018年12月22日
ザンビ1のアイキャッチ

舞台『ザンビ』感想!!【当日の様子やメンバーの演技を辛口レビュー】

2018年11月27日