【徹底解説】日向坂46関連の雑誌を読むなら楽天マガジン!【dマガジンじゃないよ】

その他情報や独り言

デビューして大注目の日向坂46。雑誌の露出も多くなってきましたね。

ファンとして困るのは、出費がかさみすべてに目を通すのが難しくなること。

セイ
ぶっちゃけ追いつけない。。

 

しかし、雑誌でしか公開されないエピソードも存在するので、どうしても見たくなりますよね。

そんな悩みを解決してくれるのが、今回紹介する楽天マガジンです。

楽天マガジンは、月額380円で250誌以上の雑誌が読み放題のサービス。日向坂46ファンにとって必須とも言えるサービスなんです。

そこで今回は、個人的に感じるメリットやデメリットを簡潔に紹介します。また、最近注目されてる〈dマガジン〉との違いも解説しますね。

 

スポンサーリンク

楽天マガジンのメリットとデメリット

メリット

月380円で、日向坂46の掲載されてる雑誌が読み放題。

日向坂46といえば専属モデルが5人も存在します。楽天マガジンならその全てのファッション誌が閲覧可能。

日向坂46の専属モデル誌
追記
6人目の専属モデルとして齊藤京子が「ar」に抜擢されました。楽天マガジンでは「ar」も閲覧可能です。

 

もちろん、グラビアやインタビューが掲載されやすい週刊誌もほぼ全てラインナップ。

  • 月刊エンタメ
  • FLASH
  • 日経エンタテイメント
  • ザテレビジョン

etc..

全て集めれば月数千円もかかるので、月額380円はかなりお得です。

 

さらに、日向坂ファンなら見逃せない日向坂46ストーリーを連載している「週プレ」も閲覧可能です

セイ
週刊誌は約2週間で見れなくなるから要注意

 

 

買いづらい本が読める

セイ
男で女性誌買うのって変だよな。。

こんな悩みも、楽天マガジンなら関係ありません

ファッション誌やグラビアがどどーんと載っている週刊誌も、スマホやタブレットさえあれば一瞬で読めます。

(250誌以上の雑誌に加え、新着雑誌も続々追加中!)

 

もちろん、日向坂に関係のない雑誌も多数取り扱い。

ファッションが気になる人は男性ファッション誌で勉強できるし、車やバイクが気になる人は専門誌が読める

レジ前で購入をためらうような雑誌も、楽天マガジンなら全て読むことができるんです。

セイ
(これでオタクファッションをこっそり卒業できるぞ。。!)

 

 

デメリット

付録ポスター等はGET出来ない

日向坂46のようなアイドルの場合は、ポスターやクリアファイルが付録としてつく場合が多いです。

電子書籍では、付録をGETすることはできません。家に飾ったり、普段用として欲しい人は注意してください。

セイ
個人的には使いどころがないので気にならない

 

全ページが見れるわけではない

以下のような注意書きの通り、一部の雑誌で省略されているページが存在します。

これは雑誌によって様々なので、無料体験期間を使って、読みたい雑誌を確認してみましょう。

セイ
インタビューは全て掲載が当たり前だから、不自由に感じたことはないよ

 

 

dマガジンやその他サービスとの違い

ここまでのメリット・デメリットは、dマガジンやその他サービスにも言えることです。

しいて違いを挙げるなら、取り扱っている雑誌がほとんど変わらないのに対して、価格が最も低いということ。

サービス名 税込価格
楽天マガジン(月額) 410円/月
楽天マガジン(年額) 3,888円(324円/月)
dマガジン 432円/月
auブックパス総合 606円/月
auブックパスマガジン 410円/月
KindleUnlimited 980円/月

他社サービスと比べて最も安いのが楽天マガジン。年額だとさらに安くなるのも魅力です。

 

dマガジンauブックパスが広まっているのは、単純に知名度の問題。携帯の購入と同時に加入させられる人がほとんどなので、そのまま使っている人が多いのです。

また、dマガジンならdポイントが付与されますが、同じく楽天マガジンなら楽天ポイントが付与されるので、ポイント面でもほとんど違いがありません。

 

結論、価格や使用感を考えると楽天マガジンの方がお得なのです。

セイ
情報を知らないだけで損してた。。

 

▼両サービス使用者の声

 

まとめ

▼メリット

  • 月380円で日向坂46の雑誌をほぼ網羅
  • 書店やコンビニで買いづらい雑誌もすぐ読める

▼デメリット

  • 付録をGETできない
  • 一部省略されているコンテンツがある

▼dマガジンとの違い

雑誌系のサービスは30日間の無料体験が可能です。何はともあれ、一度試してみることをオススメします。

また、週刊誌系は発売2週間で読めなくなるので、話題の週プレ「日向坂46ストーリー」を見たい方はいますぐ加入しましょう!

セイ
楽天マガジンで、日向坂が掲載される雑誌はバッチリです!

 

 

【2019年5月更新】坂道ファンにおすすめの動画見放題サービスを教えます【必見】

2018年12月22日