【平手友梨奈主演】映画『響-HIBIKI-』を初日に観てきた!【感想】

映画「響」の感想 レビューを見る

こんにちは、セイです。

映画『響-HIBIKI-』ついに公開されましたね。

てち(平手友梨奈)が響を演じると公表されてから原作ファンにまでなっていたので、早速公開初日に観てきました!

 

楽しいというよりかは、色々考えさせられました。

どんな映画だったかレビューしていきます!

スポンサーリンク

【作品情報】

マンガ大賞2017で大賞に輝いた、柳本光晴のコミック「響~小説家になる方法~」を実写化したドラマ。突如として文壇に現れた10代の作家が、さまざまな人たちに影響を与えるさまが描かれる。監督は『となりの怪物くん』などの月川翔。欅坂46の平手友梨奈がヒロインにふんし、北川景子、アヤカ・ウィルソン、高嶋政伸、柳楽優弥らが共演する。平手は映画初主演。

長い間欅坂としてテレビに出演することのなかったてち(平手友梨奈)の復帰仕事が映画「響-HIBIKI-」

てちの初主演は豪華な共演陣に支えられることになりました。

 

【ストーリー】

スマートフォン・SNSの普及により、活字離れは急速に進み、出版不況の文学界。

そこに現れた一人の天才少女、彼女の名は『響』(平手友梨奈)。

15歳の彼女の小説は、圧倒的かつ絶対的な才能を感じさせるもので、文学の世界に革命を起こす力を持っていた。

文芸誌「木蓮」編集者の花井ふみ(北川景子)との出会いを経て、響は一躍世の脚光を浴びることとなる。

 

しかし、響は、普通じゃない。

彼女は自分の信じる生き方を絶対曲げない。

世間の常識に囚われ、建前をかざして生きる人々の誤魔化しを許すことができない。

響がとる行動は、過去の栄光にすがる有名作家、スクープの欲だけで動く記者、生きることに挫折した売れない小説家など、様々な人に計り知れない影響を与え、彼らの価値観をも変え始める。

 

一方、響の執筆した処女作は、日本を代表する文学賞、直木賞・芥川賞のダブルノミネートという歴史的快挙にまで発展していく。

【感想】

 原作を読んだことがあるのでその上で言わせてもらうと、展開としてはあまり驚きがありませんでした。

かといって不満もない脚本です。

世界観は原作を忠実に再現していて、登場人物も違和感はなかったです。

 

ただ、この作品は改めて響の周りの人がキーポイントだと思えました。

響という天才に出会って周りの人たちの変化や価値観が揺さぶられるところがポイントであり、言ってしまえばこの響(という人物、映画)を見てあなたは何を感じ何を思いましたか?とまるで作中のキャラと現実で観ている自分たちが重ねられているんですよね。

 

この作品はそのメッセージがしっかり伝わる演出だったと思います。

 

柳楽優弥演じる新人賞受賞の田中康平北村有起哉演じる鬼島仁はいい例でした。

初めて響に出会った時は先入観から見下して接する。けれど響の作品にしっかり目を通し、最終的に響の才能を認める。

これは響がすごいうんぬんではなく、自分の意見がしっかり持てるかが大事なんですよね。

 

反対に記者である野間口がその対比になっていました。

野間口は最後まで自分の意見を述べません。世間はこう言ってる、普通ならもう小説を書かないべきだろうと。

最後は響がしびれを切らし飛び蹴りをかましたが、ふみ(北川景子)からマイクを取って野間口に対して直接答えようとしていたシーンの演出は、特に自分の意見を述べない野間口を一人の人間として際立たせていました。

 

自分の意見を持つことを放棄すると、はっきり言って楽です。発言一つ一つに責任を持つことがなくなり何でも言いたい放題です。

でも、気付いた時には自分以外の意見ばかりの人生になっていて、自分は何が好きで何がしたいのか、何を考えているのか、と言った自分のことが分からなくなっちゃうんですよね。

 

特にこの映画は欅坂というアイドルの一人である平手友梨奈が初主演の映画でした。先入観を持って言えば、所詮アイドル映画にすぎない忖度のキャスティングだろうと何とでも言えます。

しかしそれがまさしくこの作品が訴えている「自分の意見は何?」という部分であり、2時間の中でそのメッセージを響という主人公の生き方やセリフ、映画全体としてしっかり伝わる演出が施されていたなと思いました。

 

つまり、意見があるなら観てから言えってことです。

「文句があるなら私にどうぞ」ですね。(笑)

最後に

色々言ってきましたがやっぱり「響」はカッコいいです。

私自身、自分の意見を持てという映画のメッセージを感じ取り、映画館を出た時は自分の意見を持とうと思ってすぐにその時の感情を書き出しました。(笑)

人生何を経験して、それをどう現実に生かすか。それが大事だと思います。

映画響はその行動を促すきっかけを作ってくれました。

 

特に原作を知らない人は作品として楽しめると思います。

原作ファンはストーリー的な面白さはないかもしれませんが、響と登場人物の変化から改めて考えさせられる作品になっているのでぜひ観て欲しいなと思います。

それでは!

>>映画『響-HIBIKI-』を観るならU-NEXT