夏色のミュール(日向坂46)【歌詞の意味やフォーメーション情報】

ひらがなけやきユニット曲『夏色のミュール』の歌詞やフォーメーションについての情報をまとめました。

個人的な歌詞の解釈や感想も書いていきますね。

スポンサーリンク

曲の基本情報

『夏色のミュール』
作詞:秋元康
作曲:井上トモノリ
歌唱:井口眞緒 影山優佳 高瀬愛奈 東村芽依
収録:けやき坂46 1stアルバム『走り出す瞬間』TypeB

 

井上トモノリ 作曲のその他関連曲

乃木坂46夏のFree&Easy

 

パート割歌詞


注意
パート割に必要のない部分の歌詞は省略しています。
全員)夏色のミュールを〜

東村)「着替え持って来てない」なんて
影山)海に近づかずにいたくせに
井口)水しぶき跳ね上げ はしゃいだら
高瀬)ワンピースずぶ濡れになる

影山,東村)ハンカチくらいでは〜
井口,高瀬)僕が腕の中で〜

全員)砂浜のミュールを〜

井口)梅雨が明けたばかりの渚は
高瀬)水が冷たいってわかってたから
東村)泳ぐつもりなんてなかったし
影山)波の音を聴きに来ただけさ

井口,高瀬)ただのクラスメイトと〜
影山,東村)ずっと認めてない〜

全員)大人びたミュールを〜

全員)スニーカーしか〜

全員)夏色のミュールを〜
影山,東村)僕はおそらく恋してる
高瀬)(君にぞっこん恋してる)
井口)僕はいつしか

全員)恋してた

歌詞全文はこちらを参照ください

夏色のミュール|Uta-Net

 

個人的な歌詞の解釈

この曲は片思いの少年の心情を歌った曲です。

場面は梅雨明けの海辺。ミュールとは普通のサンダルよりも大人な女性の雰囲気を醸し出すサンダルの一種。

女性は気づいたらいつの間にか少女から大人に変わっていきます。そのまさに変化していく瞬間を、ミュールが似合う女性に惹かれていくという描写で表しているんですね。

 

MV

MVはありません。

 

フォーメーション

振付:INFINITY

補足
影山優佳が学業専念で活動休止中のため判明していません。分かり次第更新します。

影山優佳が活動休止を発表した後、メンバーの井口眞緒が書いた曲と影ちゃんに対してのブログがとてもエモいです。▶︎井口眞緒公式ブログー夏色のミュール

【振付師】INFINITYについて知ろう!【日向坂46】

2019年4月20日

 

終わりに

この曲はまだ全員揃ってのパフォーマンスが無いんですよね。

完全体のパフォーマンスは早くて次のツアーライブあたりでしょうか。それまでのお楽しみですね!

 

▼Apple Musicなら日向坂46全曲聴き放題!▼

 

▼こちらの曲もオススメ!▼

ノックをするな!(日向坂46)【歌詞の意味やフォーメーション情報】

2018年11月13日

おいで夏の境界線(日向坂46一期生曲)【歌詞の意味やフォーメーション情報】

2018年11月3日

まとめ記事>>日向坂46の楽曲まとめ【シングル・アルバム別】