イマニミテイロ(日向坂46一期生曲)【歌詞の意味やフォーメーション情報】

インパクトあるタイトルが印象的な『イマニミテイロ』の歌詞やフォーメーションについての情報をまとめました。

個人的な歌詞の解釈や感想も書いていきますね。

スポンサーリンク

曲の基本情報

『イマニミテイロ(2018.3)
歌詞:秋元康
作曲:前迫潤哉/Yasutaka.Ishio
歌唱:一期生
収録:欅坂46 6th『ガラスを割れ!』TypeB/けやき坂46 1stアルバム『走り出す瞬間』全Type

 

前迫潤哉 Yasutaka.Ishio その他日向坂関連曲

欅坂46ガラスを割れ!』『W-KEYAKIZAKAの詩』『ここにない足跡

 

パート割歌詞


注意
パート割に必要のない部分の歌詞は省略しています。
美玲,加藤,齊藤)ある日 突然〜
柿崎,高本)今の僕たちじゃ〜

井口,潮,東村)だけど なぜか〜
影山,久美,高瀬)きっと試されてる〜

美玲)誰かの背中越しに
齊藤)世の中 眺めてた
加藤)自分の番が来ても
柿崎,高本)パスはできないルール

全員)イマニミテイロ〜

影山,久美,高瀬)いつか見てた〜
井口,潮,東村)もっと時間が〜

柿崎,高本)誰も超えて〜
美玲,加藤,齊藤)責める者はいない〜

潮)安全地帯にいて
東村)後悔をするより
井口,高瀬)たとえ傷ついても
影山,久美)一番前で泣こう

全員)イマニミテイロ〜

美玲)無謀だと言われたけど
齊藤)逃げるわけには いかないんだ
加藤)こんなに広い世界で
柿崎,高本)僕たちは歌う

全員)イマニミテイロ〜

歌詞全文はこちらを参照ください

イマニミテイロ |J-Lyric.net

 

個人的な歌詞の解釈

この曲はひらがなけやき初の武道館3Days公演で初披露された楽曲です。

当時のひらがなけやきは結成して2年経ちながらもデビューしておらず、武道館公演も元々は漢字欅の為に用意されたステージでした。(主要メンバーの怪我や体調不良の為、ひらがなけやきが武道館ライブ決行へ)

その時のひらがなメンバーの気持ちを表すかのようなストレートな歌詞になっていますね。経験の少なさからか「二の足を踏んだ小心者よ」といった弱気な正直な想いから、「今に見ていろ」という前評判を見返したい熱い想いまで描かれています。

セイ
歌詞が二期生曲『最前列へ』と似てますよね

 

最前列へ (日向坂46二期生曲)【歌詞の意味やフォーメーション情報】

2018年10月29日

 

MV

監督:山田健人
振付:TAKAHIRO

場所:千葉県木更津市「かずさアカデミーホール」他

 

【振付師】TAKAHIROについて知ろう!【日向坂46】

2019年4月18日

 

フォーメーション

イマニミテイロのフォーメーション

美玲センターの場合はこのフォーメーションが定石ですね。

 

終わりに

この曲の初披露は武道館ということもあって、すごく感情移入しちゃいますよね。

自分たちの存在意義を探す、けやき坂46にリンクする歌詞に注目の楽曲でした。

 

▼Apple Musicなら日向坂46全曲聴き放題!▼

 

一期生曲ならこちらもオススメ!

耳に落ちる涙(日向坂46一期生)【歌詞の意味やフォーメーション情報】

2019年3月3日

永遠の白線(日向坂46一期生曲)【歌詞の意味やフォーメーション情報】

2018年12月15日

まとめ記事>>日向坂46の楽曲まとめ【シングル・アルバム別】