永遠の白線(日向坂46一期生曲)【歌詞の意味やフォーメーション情報】

けやき坂46の『永遠の白線』の歌詞やフォーメーションについての情報をまとめました。

個人的な歌詞の解釈や感想も書いていきますね。

スポンサーリンク

曲の基本情報

『永遠の白線』
作詞:秋元康
作曲:石井健太郎
歌唱:一期生
収録:欅坂46 1stアルバム『真っ白なものは汚したくなる』TypeB

 

石井健太郎 作曲のその他日向坂関連曲

けやき坂46キレイになりたい

キレイになりたい (日向坂46)【歌詞の解釈やフォーメーション情報】

2018年11月3日

 

パート割歌詞


注意
パート割に必要のない部分の歌詞は省略しています。
全員)白線どこまで引くのか?〜

加藤)教室の片隅で〜

高本,齊藤)教科書をめくるほど〜
潮,久美)無力な僕は ため息しか出ない

井口,柿崎,影山)授業が終わったら〜
美玲,東村,高瀬)さあ 外に出て〜

全員)白線どこまで引くのか?〜

潮,久美)野球部の補欠たち〜

井口,柿崎,影山)汗をかいたその分〜

加藤)そう人は誰もみな〜
高本,齊藤)よく頑張ったと〜

全員)白線そんなに引けない〜

歌詞全文はこちらを参照ください

永遠の白線|Uta-Net

 

個人的な歌詞の解釈

歌詞を読み解く中で二つのポイントが見えてきました。

  1. 「永遠の白線」が意味するもの
  2. ひらがなけやき一期生にあてた曲

一つ一つ説明しますね。

 

1.「永遠の白線」が意味するもの

セイ
『永遠の白線』って何を意味してるんだろう..?

 

まず気になるのが「永遠の白線」の意味ですよね。冒頭の歌詞を見てみると

白線どこまで引くのか?
校庭をまっすぐに進んで
このまま途切れずに続いて行く未来

とあります。ここはシンプルに「永遠に続く(と感じている)人生、未来」と、捉えてよさそうです。

(と感じている)が個人的にはポイントだと思っていて、曲の始めと終わりでは「永遠の白線」に対する捉え方が変わるんです。

1番の歌詞では

白線どこまで引くのか?
永遠はこの先にあるのか?

と何度も問いかける姿から、「未来に対する漠然とした不安」が感じれます。

若い頃は人生も果てしなく続くように感じて、たまに億劫になることがありますよね。

 

続いて2番。

白線そんなに引けない
限界よりももっと手前で
伸ばした手をやっぱり下ろそうとする
ここで終わりでいいのか?

2番からは、「心の葛藤」が読み取れます。

努力しても報われるとは限らない。かといって、妥協した人生でいいのか?

未来について考えれば考えるほど、何を基準にして人生を歩めばいいのか分からなくなりますよね。しかし、ここで一つの解が出されます。

夢と石灰はまだ残ってるはず
誰も行ってない永遠はこの先だ

“夢”と”石灰”が残っているなら、まだまだ進める。進んだ先に、自分だけの永遠の人生(未来)がそこにある。

ここで言う “石灰” が何かは断定できませんでした。。ただ、石灰は白線を描くためのものなので意志や希望、可能性のような意味が込められているんじゃないかと思います。

 

そしてラスト。

僕らの前に 永遠の白線がある

疑問ばかりだった前半とは違い、「ここに永遠の白線があるんだ」と受け入れている言葉に変わりました。

つまり「自分の人生や未来」を、前向きに覚悟を持って捉えられるようになったことが分かります。

セイ
『永遠の白線』人生や未来に対する捉え方を表した曲なんですね

 

2. ひらがなけやき一期生に当てた曲

『永遠の白線』がさらに魅力的に感じるのは、「ひらがな一期生の曲」だということです。

楽曲をもらった当時の一期生はデビューもしておらず、露出がほとんどありませんでした。まるで2番の歌詞のように、漢字欅の補欠なのか?と思うことも間違いなくあったと思います。

「自分たちのアイドル人生これからどうなるんだろう?」「今しているトレーニングも報われないんじゃないか?」と思うこともあったでしょう。

そんな彼女たちに対して、この曲は秋元康なりのエールだったのではと思わされます。

歌詞の内容は決して明るい未来を示しているわけじゃないけど、前向きになれるような歌詞になっていますよね。

 

フォーメーション

振付:TAKAHIRO

永遠の白線

センターは一期生最年少の柿崎芽実

けやき坂46の初代センターといえば芽実ですよね。今や一期生といえば美玲京子かとしの3TOP、二期生ではこさかなべみほが目立ちますが、芽実が再びセンターに抜擢される日が来るのかも注目していきたいですね。

【振付師】TAKAHIROについて知ろう!【日向坂46】

2019年4月18日

 

終わりに

最近は一期生の初期の楽曲に惹かれることが多くなりました。

ひらがなにハマり始めたのが二期生オーディションの頃からだったので、それ以前は注目していなかったんですよね。

しかし、ひらがな推しなどで一期生の魅力に気付き、今では一期二期まんべんなく愛着持って応援しています。

一期生は不遇な時期が長かったからこそ、1曲1曲が大きな意味を持っているように感じます。

これからも丁寧に意味を解釈していくので、楽しみにしてくれたら嬉しいです。

 

▼Apple Musicなら日向坂46全曲聴き放題!▼

 

▼その他一期生はこちら▼

耳に落ちる涙(日向坂46一期生)【歌詞の意味やフォーメーション情報】

2019年3月3日

イマニミテイロ(日向坂46一期生曲)【歌詞の意味やフォーメーション情報】

2018年11月16日

おいで夏の境界線(日向坂46一期生曲)【歌詞の意味やフォーメーション情報】

2018年11月3日

まとめ記事>>日向坂46の楽曲まとめ【シングル・アルバム別】