何もしなくても気になるサトミツ。。ひらがな推し#49感想【2019年3月24日放送】

ひらがな推し

2019年3月24日(放送は3月25日早朝)のひらがな推し#49の感想です。

セイ
こんにちは、セイ(@say_geek)です。

今週はヒット祈願駅伝後編。予告で不安なメンバー達が走り出しましたね。

早速見ていきましょう!

 

▼前回の記事はこちら▼

ひらがな推し3月17日

飛べない二人、リベンジ果たす!ひらがな推し#48感想【2019年3月17日放送】

2019年3月19日
あわせて読みたい!
>>ひらがな推し感想一覧
スポンサーリンク

以下ネタバレ感想

冒頭からあれですが、個人的な今週のMVPはBGM

不意に流れてくるメロディーがめちゃくちゃ良くて、改めて『キュン』収録曲のポテンシャルの高さに驚きました。

 

これまでかかったBGMをまとめておくと、こんな感じ。

ヒット祈願駅伝BGM

1区「男友達だから」「ときめき草
4区「誰よりも高く飛べ」
5区「耳に落ちる涙
6区「NO WAR in the future
7区「キュン
8区「沈黙が愛なら

「耳に落ちる涙」と「沈黙が愛なら」は涙腺がやられるメロディーでした。

 

参考>>デビューシングル『キュン』収録曲一覧

 

 

区間ごとの感想

5区 佐々木美玲/濱岸ひより

視聴者的にも次の京子より、この二人の方が不安だったんじゃないでしょうか。

コース的にもきつそうだったけど、無事ゴールしましたね。

 

気になったのは美玲の言葉。美玲はよく自分の発言を振り返りますよね。

今回の「3年って長かった」もそうだし、「みんなで辞めよう事件」も関しても。

あっけらかんとした様に見えて、結構センシティブな面が強いのかもしれませんね。

 

関連>>「みんなで辞めよう」事件は日向坂46ストーリーで公開されるから要チェック

 

 

6区 齊藤京子/富田鈴花

不安要素だった割にはサクサクいってましたね。

尺や撮れ高などテレビ的な話をしてたのが京子と鈴花、加えてこのあとに出てくる井口の3人。

アイドルが気にする必要はないんだろうけど、タレントとしてはいいことかもしれません笑。

日向のバラエティ班として3人は特に期待できますね。

 

 

7区 井口眞緒/松田好花

以前、好花が2期生ビリのタイムで驚いたと書いたんですが、本人から訂正があったようですね。

 

現にあっさりとゴールしちゃいました。あっさり過ぎて特にコメントが出ない。。

そして相変わらず井口は何を話してるんだ。笑

 

 

8区 東村芽依/丹生明里

今週の涙腺崩壊ポイントは最後に待ってました。

丹生ちゃんが泣くなんて珍しいし、めいめいのお姉さんぶりにも感動。

色んな苦難を乗り越えてきた1期生はやっぱり頼もしいなと、今回の駅伝で改めて思わされましたね。

 

 

今週のサトミツ

いや、泣かないんかい!!

特に8区、丹生ちゃんを見て泣かないんかい!

春日
ただの上村くん推しじゃないか!

まさにですよ。ひなの推し疑惑が回収された瞬間でした。

この件について、サトミツがラジオでも話してたので聴いてみてください笑。

引用:bayfm「佐藤満春火曜ON8+1」

あわせて聴きたい
3/30 オードリーのオールナイトニッポン〈radiko〉

 

前回の感想ブログに載せたオードリーのラジオと併せて聴くのをオススメします。

 

 

終わりに

次回はいよいよ完結編ですね。

箱根のきつい勾配も残ってるし、予告の久美のソロカットは不穏な空気が漂います。

ひらがな推しは予告が上手いので、どの瞬間か想像つきませんが最後まで見守りましょう!

番組名改題について触れるのか、そこにも注目ですね。

それでは!

 

 

 

▼次のひらがな推し感想はこちら▼

あわせて読みたい!
>>ひらがな推し感想一覧