【MV監督】成田洋一について知ろう!【日向坂46】

楽曲を知る

CMディレクター、成田洋一(なりたよういち)。

CM界では有名な大物ディレクターです。

そこで今回は、成田洋一さんの経歴や担当した日向坂46のMVなどをまとめました。

日向坂46の楽曲をより楽しむために、新たな知識を増やしましょう!

セイ
欅坂ファンの中では”あの作品”が有名!

 

先に話すとこんな人
  • 日本を代表するCMディレクター
  • MVはハッピーオーラが初作品?
  • ストーリー仕立ての映像が特徴

 

日向坂46の楽曲に関わる〈振付師〉まとめ

2019年4月21日
スポンサーリンク

プロフィール

(出典:TV&MOVIE 10min ミネラルファンデ デビュー記者発表会- Peachy – ライブドアニュース

成田洋一

1960年生まれ。秋田県出身。
法政大学文学部卒業、㈱イメージサイエンス−㈱東洋シネマを経て1995年退社。現在はフリーで活動している。

成田洋一公式HPより

こちらが基本的なプロフィール。

本業はCMディレクターで、日本を代表するCMディレクターの一人です。

日向坂46では、以下のMVで監督を担当しました。

日向坂46担当MV
  1. ハッピーオーラ

ハッピーオーラのMVが公開された直後は一時話題になりました。記事後半で触れていきます。

 

経歴

成田監督はこれまで数々の人気CMを手掛けています。

成田洋一監督作品(一部)
  • 大塚製薬 ポカリスエット 「氷河」篇 (2002年7月 出演 玉木宏)[2]
  • vodafone(現ソフトバンクモバイル) パケットフリー 「3G速攻ゲット」篇 (2004年11月 出演 佐藤隆太)
  • ネスレジャパン ネスカフェ・ゴールドブレンド 「古時計」篇 (2005年1月 出演 唐沢寿明/宮本亜門)
  • 佐藤製薬 ユンケル 「サバンナ」篇 (2005年4月 出演 イチロー)
  • クリムゾン RUSS-K 「海」篇 (2005年4月 出演 坂口憲二)
  • 伊藤園 お~いお茶 「夏/川下り」篇 (2005年7月 出演 中谷美紀)
  • ファイテン RAKUWA ネック/ブレス 「高橋尚子」篇 (2005年11月 出演 高橋尚子)
  • 資生堂 化粧惑星 「ストップウォッチ」篇 (2006年3月 出演 香里奈)
  • 伊藤園 天然美香ジャスミン茶 「花になる」篇 (2007年8月 出演 水川あさみ)
  • アサヒビール アサヒプレミアム生ビール熟撰 「登場」篇 (2008年3月 出演 渡辺謙)
  • 日立製作所 Wooo UTシリーズ 「42V登場」篇 (2008年4月 出演 長瀬智也)
  • NEC Lui 「Luiが生まれる」篇 (2008年4月 出演 玉木宏)[2]
  • 日本コカ・コーラ コカ・コーラZERO 「シュプレヒコール」篇 (2008年6月 出演 照英)
  • TV&MOVIE 「10min ミネラルファンデ デビュー」篇(2016年6月 出演 中谷美紀)
  • 恵 megumi ガセリ菌SP株ヨーグルト(2017年 出演 向井理)
  • 24h cosme「24hコスメ 2018年春TVCM」(2018年2月 出演 平手友梨奈)
  • レノアハピネス「企みスイッチ」篇(2018年5月 出演 沢尻エリカ)

ご覧の通り、有名企業がずらり。CM界では巨匠の域です。

欅坂46ファンなら、平手友梨奈出演「24h cosme」のCMが記憶に新しいですね。

セイ
最後の最後まで「夜明けの孤独」のMVかと思った(笑)

 

MV監督 成田洋一の特徴

これまで多数のCMを手掛けてきた成田監督ですが、調べた限り、MVでは「ハッピーオーラ」が初作品のようです。

内容はまるでモーニングコーヒーのCMを思い浮かばせるような、ショートストーリー風。これまでの日向坂46には珍しい雰囲気のMVです。

ハッピーオーラ

 

CMディレクターが本業ということもあり、ストーリー仕立ての作品を得意としていそうですね。

セイ
メンバーが見えない妖精となって癒し、励まし元気づける存在として描かれているんだって!

 

まとめ

MV監督成田洋一とは...
  • 日本を代表するCMディレクター
  • MVはハッピーオーラが初作品?
  • ストーリー仕立ての映像が特徴

ハッピーオーラのMVが公開された直後は、これまでになかったCMチックな雰囲気に、ファンの間では賛否両論ありました。

ではなぜ、CMディレクターに日向坂46のMV制作をお願いしたのか?

個人的な想像ですが、「ハッピーオーラ」のMVは日向坂46の可能性を広げるチャレンジだったのではないかと思います。もしかしたらその頃にはシングルデビューが決まっていて、CM界の巨匠によってさらなる経験を積ませようと企んだ..。

正解は分かりませんが、当時シングルデビューもしていない日向坂46のMVを、プロフェッショナルな方に担当してもらったことは確かです。当時の運営の本気度や期待度が感じ取れますね。

 

外部リンク
成田洋一公式HP

>>楽曲一覧でMV監督を確認する

>>日向坂46の楽曲に関わる〈MV監督〉まとめ

>>日向坂46の楽曲に関わる〈振付師〉まとめ

ハッピーオーラ (日向坂46)【歌詞の意味やフォーメーション情報】

2018年11月10日