日向坂46の世代別&ユニット曲センターまとめ

メンバー図鑑

以前、「日向坂46歴代センターまとめ【時系列順】」で、日向坂46の歴代センターをご紹介しました。

しかし、そこで紹介したのは全員歌唱の楽曲のみ。

今回は、世代別曲・ユニット曲のセンターを務めたメンバーをご紹介します。

世代別&ユニット曲のセンターを知ることで、運営側の推しや序列が見えてきますよ。

早速チェックしていきましょう!

 

この記事でまとめているメンバー
  1. 柿崎芽実
  2. 佐々木美玲
  3. 加藤史帆
  4. 小坂菜緒
  5. 松田好花
  6. 河田陽菜
  7. 高本彩花

 

補足

世代別曲に関しては、2期生が参加した「ガラスを割れ!(欅坂46)」以降の楽曲から抽出しました。

全体曲のセンターは、こちらの記事でまとめています。

日向坂46歴代センターまとめ【時系列順】

2019年4月17日
スポンサーリンク

世代別曲のセンター

世代別曲のセンターは、ダイジェストでご紹介します。

柿崎芽実(1期生)

加藤史帆(1期生)

佐々木美玲(1期生)

 

小坂菜緒(2期生)

1期生曲のセンターは複数のメンバーが担当していますが、2期生曲でセンターを務めたのは小坂菜緒のみ

他のメンバーのセンターも見たい気もしますが、運営の「育てるぞ」という強い意気込みを感じます。

上記のメンバーは以前紹介しているので、こちらを参考にしてください。

日向坂46歴代センターまとめ【時系列順】

2019年4月17日

 

ユニット曲のセンター

加藤史帆

(出典:TOKYO POP LINE

  • 沈黙した恋人よ
  • ハロウィンのカボチャが割れた
  • ノックをするな

最多となる3曲のユニット曲でセンターを務める、1期生加藤史帆。

普段はヘニョヘニョした喋り方が特徴的ですが、歌になると話は別。

ユニット曲以外にも、全体曲・1期生曲のセンターやソロ曲が与えられており、高い歌唱力が評価されていることが分かります。

 

沈黙した恋人よ(日向坂46)【歌詞の意味やフォーメーション情報】

2019年4月15日

ハロウィンのカボチャが割れた (りまちゃんちっく)【歌詞の意味やフォーメーション情報】

2018年10月30日

ノックをするな!(日向坂46)【歌詞の意味やフォーメーション情報】

2018年11月13日

 

松田好花

(出典:TOKYO POP LINE

  • 線香花火が消えるまで

京都府出身の2期生松田好花。

楽器やバレエ、タップダンスなどを器用にこなす、多彩な才能の持ち主です。

単独で舞台出演を果たすなど、実力はもちろん、運営側の期待も感じます。

 

線香花火が消えるまで(日向坂46)【歌詞の意味やフォーメーション情報】

2018年11月7日

 

小坂菜緒

(出典:TOKYO POP LINE

  • キレイになりたい

先ほど紹介した2期生小坂菜緒。2期生曲のみならず、ユニット曲でもセンターを務めています。

居るだけで世界観が作られるような、エースの風格を漂わせており、日向坂46のデビューシングル「キュン」でもセンターを任されました。

 

キレイになりたい (日向坂46)【歌詞の解釈やフォーメーション情報】

2018年11月3日

 

河田陽菜

(出典:TOKYO POP LINE

  • 割れないシャボン玉 

山口県出身の2期生河田陽菜。癒しされるような声が特徴的です。

グループ随一の愛されキャラで、メンバー内人気トップと言っても過言ではありません。

2期生曲でも序列TOP3をキープしており、運営の高い期待が伺えます。

 

割れないシャボン玉(日向坂46)【歌詞の意味やフォーメーション情報】

2018年11月17日

 

高本彩花

(出典:TOKYO POP LINE

  • Footsteps

ファッション誌「JJ」で専属モデルを務める、1期生高本彩花。

1期生曲でもほとんどフロントに立たないので、意外な抜擢と言ってもいいでしょう。

1期生では5人目のセンター経験者になりました。

 

Footsteps(日向坂46)【歌詞の意味やフォーメーション情報】

2019年3月3日

 

終わりに

表題曲と違い、ユニット曲や世代別曲ではチャレンジングな抜擢が見られます。

ファン人気ももちろん加味されているはずですが、運営側の意向を強く感じることもしばしば。

Footstepsのおたけ(高本彩花)は意外な抜擢でしたが、応援していたファンにとっては嬉しいもの。

「運営は次に誰を推してくるのか」といった楽しみ方も出来るので、これからはユニット曲・世代別曲のセンターにも注目ですね。

 

この記事で紹介したメンバー
  1. 柿崎芽実
  2. 佐々木美玲
  3. 加藤史帆
  4. 小坂菜緒
  5. 松田好花
  6. 河田陽菜
  7. 高本彩花

>>カテゴリー:メンバー図鑑

 

日向坂46歴代センターまとめ【時系列順】

2019年4月17日

日向坂46の全楽曲リスト【シングル・アルバム別】

2019年4月3日